西暦130年頃の古代ローマ、ハドリアヌス帝時代が舞台。

風呂場の設計職人であるルシウス・モデストゥスは、斬新な建造物が続々登場している世間に対抗して、昔気質の風呂場の建設を提案するものの賛同されず、事務所と仲違いして仕事を失ってしまいます。

失意の彼を慰めるべく、友達のマルクスが彼を公衆浴場に連れていきますが、周りのうるささを我慢できず、ルシウスはお風呂の中に潜ります。そして、浴槽の壁の一部分に妙な排水口を発見し、観察しようとしたところ、そのまま吸い込まれてしまいます。

何とか水面から脱出し顔を出すと、ルシウスは全く知らない形式の風呂場に移動していました。そして、周りにはローマ人とは異なる「平たい顔」の人々が。

「平たい顔族」とは、つまり今の日本人のこと。

お風呂場を通じて、彼は時間移動をしてしまったのです。

それから、彼はたびたび、今の日本と古代ローマの時間移動をしてしまうことになります(本人はコントロール不能)。

現代日本の浴場をヒントに、古代ローマで浴場作り・運用案を出していき、名職人としての評価を欲しいままにしていきます。自分のアイデアで作っているわけではない事に多少の罪悪感を覚える彼ですが、ハドリアヌス(当時のローマ皇帝)からも厚く信頼されます。

しかし、そこから彼は非常に忙しくなり、妻から「風呂の事しか頭にない」と言われ離婚してしまうなど、日常が犠牲になっていきます。

そんな中、古代ローマ史の研究に励む大学生である小達さつきは、実家の旅館に時間転移してきたルシウスと巡り合います。ルシウスが実家の旅館の経営問題を解消してくれた事をきっかけに、彼とさつきの中は急速に深まっていき、彼女は彼の功績を歴史の中に見つけ出そうとします。

そしてなんと、さつきも古代ローマへ時間転移する事が可能となります。

そして、ルシウスと共に過ごすために古代ローマに身を置こうとします。

その後ルシウスは、ハドリアヌスの悲願だった温泉保養地作りに成功し、ハドリアヌスは彼にローマの行く末を任せ、大往生を遂げました。そして、さつきとルシウスの間には子宝が。赤ちゃんが産湯につかって笑う様子を見て、彼はテルマエとローマの輝かしい未来を確信するのでした。