映画にもなった大人気漫画「テルマエ・ロマエ」の作者であるヤマザキマリが、松坂桃李、杉咲花、オダギリジョーなどが出演した「湯を沸かすほどの熱い愛」のために、イラストを進呈しました。

オダギリジョーが演じる店主の一浩が1年前に姿をくらませてから、廃業同然の銭湯「幸の湯」。女の細腕で生計を立て、娘の安澄(杉咲花)を養う、妻の双葉(宮沢りえ)でしたが、癌で「残り2ヶ月の命」と告げられてしまいます。

しかし、双葉は奮い立ちます。一浩を探し出し、学校で迫害されている安澄を立ち直らせ、さらに夫の連れ子である・鮎子(伊藤蒼)を家族同然に扱い始め、最大限の愛情を向けていきます。

「湯を沸かすほどの熱い愛」と一緒で「テルマエ・ロマエ」も、銭湯や温泉をテーマとして映画。テルマエ・ロマエはコメディー色が強い作品ですが、通じるものはあります。

湯を沸かすほどの熱い愛を観たヤマザキマリは「母の深い愛情が、日本のあらゆる風呂場を沸かせる事を確信しました」と語り、大絶賛しています。

コラボ絵には、幸の湯に参上したルシウスに姿が。「そなたの湯を沸かすほどの熱い愛に導かれタイムスリップしてきたぞ!」と叫ぶルシウスと、それに驚く双葉達親子のコミカルな出来栄えになっています。